ブログ運営

IPアドレスが変わるからGoogleAnalyticsのフィルタで除外できない?自分のアクセスの除外方法を紹介!

IPアドレスをGoogle Analyticsに登録してもIPアドレスが変わるから自分からのアクセスが除外できない!!!
レモン
IPアドレスを用いずに自分からのアクセスを反映させない方法があるので紹介しますね!

 

この記事はこんな方におすすめ

  • Google Analytics に自分のPCからのアクセスを反映させたくない
  • Google Analytics 内のフィルタへのIPアドレス登録では除外できない

Google Analytics でIPアドレスのフィルタへの登録では除外できないという悩みを解決します!

 

Google AnalyticsのフィルタにIPアドレスを登録しても除外できないのはなぜ?

Googleアナリティクスのフィルタ設定を使って特定のIPアドレスからのアクセスを除外する方法

まず、Googleアナリティクスのフィルタ設定を使って特定のIPアドレスからのアクセスを除外する方法についてですが、この方法は一般的に

 

GoogleAnalytics 自分 除外

 

と検索すると出てくる方法です。

 

私も最初はこの方法でやってうまくいきました。

 

しかし1日後、自分のアクセスが再び反映されるようになったのです。

 

なんでや!!!

 

 

Google AnalyticsのフィルタにIPアドレスを登録しても除外できない

そもそもIPアドレスとは、インターネットにつながるPCに一つずつ割り振られている識別番号のことです。

 

そして、使用しているPCがスマートフォンのインターネット共有機能や家庭用のWi-fi、ポケットWi-fiなどの場合、IPアドレスが定期的に自動で変更されてしまうのです。

 

スマートフォンのインターネット共有機能や家庭用のWi-fi、ポケットWi-fiの場合、IPアドレスが定期的に自動で変更されてしまいます。

 

ですので、定期的にIPアドレスが変わる仕様になっているので、特定のIPアドレスを指定してもIP変更のたびに設定を変える必要がでてきます。

 

そんなの毎回面倒くさいよ!

 

レモン
そこで今回紹介するのはIPアドレスを用いなくてもできる便利な方法です!

 

 

IPアドレスを登録しても除外できない場合Chromeのアドオンを利用して除外する方法がある

GoogleAnalyticsで特定のIPアドレスを登録して除外するやり方のほかに、Chromeのアドオンを利用して除外をする方法があります。

 

出典:Googleアナリティクス オプトアウト アドオン

 

使用するのはGoogleが公式で発表しているChromeブラウザのプラグインの【Google アナリティクス オプトアウト アドオン】です。

 

上の青字をクリックし、上の写真画面に行きます。

 

そして画面右上の青いダウンロードを押してGoogle Chromeで有効化するだけで、何も設定しなくてもこのPCから接続されているWebサイトに対してアクセスしていないことになり、自分のアクセスを除外できます。

 

すごく簡単!!!

 

初期状態では、訪問する全てのwebサイトで検索除外になる設定となってますが、もしも計測したくないサイトのみを指定したい場合は変更することもできます。

 

レモン
この方法でIPアドレスを登録してもうまくいかなかった問題が解決されましたね!

 

 

以上でした!

 

 

困っていた方に参考になれば幸いです!

 

投稿履歴

-ブログ運営

© 2021 Lemon's Blog Powered by AFFINGER5